中学生の上手な付き合い方   

―中学生が両想いになる方法  男子と女子が付合うために

好きな人と両想いになり、付合いたいと思うのは中学生
ならとても自然なことです。


しかし中学生の恋愛はとても難しいのです。急速に大人
に近づく心と身体・・・。


その恋愛も独特ですから、相手に好きになってもらうに
もきちんとした手順と方法が必要です。


どうやって距離を縮めればいいの。
振られない告白の仕方は。
相手から告白して欲しい・・・。


そんな疑問に答えるサイトです。


管理人

中学生の上手な付き合い方

好きな人に告白して付き合えるようになりました。毎日が本当
に楽しくて仕方ありませんよね。好きな人と一緒に下校すると
きやデートに行くときには、ずっと触れていたいというのは正
直な気持ちだと思います。


しかし、中学生の恋愛は往々にしてのめり込みがちです。好
きな気持ちは分かりますが、会うたびに自分の好きな気持ち
を前面に押し出すことは実は余り良いことではありません。


というよりも大きな危険をはらんでいます。


男性もそうなのですが、特に女性は愛されるよりも愛するこ
とを望む傾向があります。相手からの大きすぎる愛情は時と
して想いが冷める原因となります。


好きという感情は大切ですが、それを直接ストレートに相手
に伝えてはいけません。これは絶対です。


毎日電話やメールをすることは構いませんが、その度に「好
きだ」とか「愛してる」という言葉は使うことは、付き合っ
ている相手からすると初めは嬉しいと思うかもしれませんが、
次第に重くなってきます。


そうです、相手は貴方に好きでいられるよりも、貴方のこと
を好きでいたい状態を望むのです。


中学生の頃はこのことが理解できずに、「こんなに一生懸命
想いを伝えているのになぜ離れていくの。」と悩むことがあ
るかもしれません。


実はその好意にこそ原因があるのです。大人になっても付き
合っては別れを切り出される、ほとんどの原因は愛情表現の
過剰さにあるのです。


ではどうすれば、うまく付き合っていけるのでしょうか。簡
単ですね。いままで書いたことの逆をすればよいのです。


気持ちを伝えるときは、記念日や誕生日などここぞという時
だけにします。


また、忙しいなどを理由にわざと少しだけ冷たくするなんて
いうのも恋愛のスパイスになります。会わない日やメールを
しない日など、出来たら試してみてください。


ただし、あまり冷たくすると大変なことになりますのでご注
意を。


スポンサード リンク